saki11
 昨日買った『咲-Saki-(11)』の感想です.

 表紙は永水のおっぱいさんと着物痴女の子ですねw

 

 
 



 
saki11 kasumi
 永水の霞さんは大将を飾ってるだけあって能力も全体支配と強力です.

 自分の手配もツモも毎回一色に染まり,他家はその他の色しか引けないとか強っ. 

 色が決まってるから字牌以外の振込みも無いしなかなかにチートですね.逆に考えると振り込む恐れも無いわけですがw
 

 
 
saki11 rinsyan

  そんなこととはお構いなしに咲さんは嶺上で暴れまくりますw

 相変わらずカンで好きな牌を引けるのは強い能力ですね.

 

saki11 kowa


 宮守の姉帯さんもこれには恐怖.



  さすが魔王さんやでぇw





saki11 se 
 
 こうして咲さんは楽々の1位通過を果たします.


 やっぱり主人公は貫禄が違いますねw



 
saki11 katenai
 
 そんな咲さんですが,決勝にやっかいな相手を残したと部長に打明けます.

 
 なんだろう,相手をボコるフラグにしか見えない…
 

 



saki11 nonoka

 とまぁそんな準準決勝とその後でしたが,この巻では日常パート多めで,半分ほど日常パートとなっています.

 
 和は阿知賀の旧友と再会したり,準決勝の他校の複線が張られたりと中々に今後も面白そうですね.




 
saki11 puro

 準決勝では新しいアナウンサーとプロも登場します. 
 この2人もやっぱり仲が良いようなので新しい×ですねw
 
 
 怒っているように見えるのは興奮や緊張だとか.
 可愛いっすね~
 




saki11 sinkou 
 んでこの巻の最後は準決勝に各学校の先鋒が向かうところで終わります.

 色物チームの臨海やプロから戦いたくない相手と言われた有珠山高校など新キャラも可愛いので期待しています.
 

 
<関連サイト> 
咲-Saki- 作品紹介
小林立先生のHP

美少女麻雀漫画「咲-Saki-」11巻発売 メロンがリザベーション天井タワー - アキバBlog